棟板金・貫板交換工事

query_builder 2024/02/11
ブログ画像





今年はなんだか台風が

少なかったように思います。




夏を過ぎた今の時期に多いのが

屋根についての相談です。





弊社のブログでは度々、

自然災害による屋根の修理について

触れてきましたが


台風の時期は特に

お問い合わせをいただいています。






「屋根から変な音がする」

「屋根のてっぺんが浮いてきている気がする」




屋根について

気がかりなことはありませんか?








こちらのN様邸では

棟板金と貫板の工事を行いました。






スレート屋根に多いのですが

こちらの写真の黒い部分は

建物の一番上にあるので

特に被害を受けやすいところになります。




板金の下には貫板が設置されていますが

経年劣化や、雨水が侵入して腐敗していくと


ビスが緩まり上にかぶせている板金が

浮いてきてしまうことが多いです。




そしてこれが

強風等にさらされると飛ばされたり

外れてしまうんです。




綺麗になりました🤩




貫板や板金の

耐用年数は10年〜15年程度です。






近年の異常気象等で

思わぬトラブルが増えています。








信頼できる業者を見つけて


しっかりと定期的なメンテナンスをして

大切なマイホームを守っていきましょう✨









代表です。おしゃべり大好きです。





弊社へのお問い合わせは

お電話やお問い合わせフォームだけでなく


公式LINEからも可能です☺️✨





お友達になって

スマホから気軽にご相談ください!





まずはお話だけでも聞かせてください。

必ずお力になります!




公式LINE





----------------------------------------------------------------------

株式会社弘中住建

住所:東京都練馬区上石神井1-12-7 701

----------------------------------------------------------------------